5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ほのぼの】すごろくで防災マニュアル 京大など試作

1 :( ‘∀‘)ノ<東京様のお通りだ!@失恋レストランφ ★:04/03/23 06:31 ID:???
複雑な防災マニュアルをゲームにし、市民や行政関係者に分かりやすくしようと、京都大学防災研究所や
慶応大の吉川肇子助教授(社会心理学)らが研究に取り組んでいる。
手始めに神戸市地域防災計画をすごろくゲームにした試行版を完成させた。さらに改良を加え、二〇〇五年度をめどに完成させる。

文科省の大都市大震災軽減化特別プロジェクトの一環。
京大防災研、吉川助教授、ゲームデザイナーらが協力し、すごろくのほかカードゲーム、コンピューターゲームを手掛ける。
すごろくは、平成十五年度から着手。神戸市地域防災計画をチャート化し、ゲームとしての面白みを加えた上で親しみやすいデザインにした。
「震度5弱以上の地震発生」がスタート。「津波対策」↓「警戒本部設置」↓「被害情報収集」というコースをたどりながら
防災計画の手順を学び、ゴールの「都市復興事業着手」を目指す。途中、津波や火災の有無でコースが分かれ、さいころが運命を握る。

昨夏、日本シミュレーション&ゲーム学会で初めて公表。
吉川助教授は「市民向けの防災講座などで活用できる。地震だけでなく他の災害マニュアルでも応用は可能」と話す。
カードゲームも試行版が出来上がった。震災復興にあたった神戸市職員五十人の聞き取り調査をもとに作製。
判断の難しい局面を取り上げ、百枚のカードにまとめた。
プレーヤーは被災自治体職員になったと仮想。「学校の運動場を仮設住宅に使うべきかどうか」や「住宅を失った人には復興住宅か家賃補助か」などの設問に答える。

担当した京大防災研の矢守克也助教授(社会心理学)は「震災をシミュレーションすることで、文書では伝わりにくい教訓が学べるのでは」と話している。

http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sougou04/0322ke20880.html

◆すごろくの画像
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sougou04/20040322002HAE5HA_dd.jpg

2 : ◆3A9B...... :04/03/23 06:37 ID:k5tY5RHn
ファイナルファンタジーは7だよな

3 :名無しさん@女性魂:04/03/23 09:01 ID:pSnFp3YU
ちゃん

4 :名無しさん@女性魂:04/03/23 16:05 ID:jwr1hbnB
スライムは〜?

5 :名無しさん@女性魂:04/03/23 16:40 ID:VehevE90
タンスが倒れてきた
人生のふりだしに戻る

6 :名無しさん@女性魂:04/03/23 21:55 ID:gio0D/Yc
火災保険に入りますか?(入らない)→火災発生→近所も類焼→
多額の賠償金が請求される→払えない→ヤクザが来る→夜逃げ→逃げ切れずつかまる→
娘が風俗に売られる→息子が行方不明→本人はマグロ漁船→
次回作「すごろく『人生のどん底から』」へGO!

ふりだしへは戻れない

#法律に詳しくは無いので細部は間違ってるかも…


7 :名無しさん@女性魂:04/04/01 03:14 ID:LuN1rIP5
IDチェキ

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)